歯をできるだけ残したい-根管治療-

大切な歯を残す治療を心がけています

初期の虫歯なら歯の表面のエナメル質だけの治療ですみますが、放置したままでいると歯の神経(歯髄)まで冒されてしまいます。さらに進行すると、歯を抜かなければならなくなってしまうことも……。「抜歯」という最悪の状況を迎える前に、歯を残すために行う治療が根管治療です。

根管治療とは?

根管治療は重度の虫歯に対して行う治療で、虫歯菌に冒された神経を除去して、歯の神経が入っている管(根管)内を洗浄します。根管は非常に複雑な構造をしており、洗浄が不十分だと虫歯の再発や歯根の炎症などを起こして再治療が必要になるため、担当する歯科医師には高度な技術とノウハウが求められます。

狛江歯科医院の根管治療

当院では、進行した段階の虫歯でもできるだけ歯を抜かずにすむように、高度な技術と豊富な経験に基づいた根管治療を行っています。できるだけ歯を削る部分を少なくしながら根管の内部をきれいにして、神経のなくなった歯を長く残せるようにします。

【歯を残す意義とは?】

患者様ご自身の歯をいかにして残すか――これは、歯科医師にとって非常に重要な課題です。患者様の中には、歯が1本抜けても気にしない方もいらっしゃいます。しかし、歯が1本抜けると他の歯も弱ってきて、最終的にはすべての歯を失ってしまうケースも少なくありません。歯は、1本1本が別々の役割を持ち全部そろって1つの仕事をしています。1本失うとそれを補うように他の歯が働くため、結果として「過剰労働」となり、他の歯も抜けてしまうのです。

1本の歯を残すのは、すべての歯を残すため――ぜひ、歯を維持する意義をご認識のうえ、ご自身の歯を大切にしてください。

根尖病巣について

歯ぐきに隠れた歯の根の先端付近にできる病気のことを「根尖病巣(こんせんびょうそう)」と言います。レントゲン写真に黒く見える部分があると、炎症やその部分の骨が溶けているといった事態が考えられます。根管治療がうまくいかなかったり、歯周病が進行していたりする状態でも同様の所見が見られますので、原因を正確に特定しなければなりません。

根尖病巣は自覚症状がないことが多く、突然の痛みに襲われる場合もあります。周囲の健康な歯に悪影響をおよぼさないためには外科処置などが必要になります。

東京都狛江市|診療予約|狛江歯科医院