歯が痛い・しみる-虫歯治療・知覚過敏-

歯が「痛い」「しみる」のは、虫歯か知覚過敏かもしれません

「なんとなく歯がしみる感じがする」「甘いものを食べたら歯が痛い」など、いつもと違う症状があったら、虫歯か知覚過敏になっている可能性があります。

虫歯――歯に痛みを感じたら――

歯の表面や、歯と歯ぐきの間に付着したプラーク(歯垢)には、おびただしい数の虫歯菌が含まれています。虫歯菌は、みがき残した食べかすなどを養分にし、お口の中で増殖しながら酸を出します。この酸によって歯が溶かされて虫歯になってしまうのです。

虫歯の痛みは、軽い違和感程度のものからズキズキとする強い痛みまであり、痛みの感じ方が日によって違う場合もあります。痛みが一時的になくなることもありますが、虫歯は自然に治ることはありません。放っておくと、どんどん進行してしまいますので、ぜひお早めに治療をお受けください。

虫歯の進行段階と治療法
C0 ごく初期の虫歯
C0 ごく初期の虫歯 歯が溶け始めた部分が小さな白っぽい点のように見える、ごく初期段階の虫歯です。痛みはなく、気づかないことも多いです。
【治療法】
歯を削る必要はなく、フッ素塗布や適切な歯みがきなどで進行を防ぎます。
C1 歯の表面にとどまっている虫歯
C1 歯の表面にとどまっている虫歯 歯のエナメル質内にとどまっている初期の虫歯で、痛みはない場合が多いです。この段階までに発見できれば、麻酔を使わない簡単な治療ですみます。
【治療法】
虫歯の部分を削って修復材を詰めます。1回の治療で完了し、治療費もそれほどかかりません。
C2 象牙質に達した虫歯
C2 象牙質に達した虫歯 冷たいものが歯にしみたり、痛みを感じたりします。象牙質に達した虫歯は進行も早いため、早急に治療する必要があります。
【治療法】
虫歯の部分を削り取り、詰め物や被せ物で覆います。症状によっては局所麻酔を使用して治療時の痛みをおさえます。
C3 神経にまで達した虫歯
C3 神経にまで達した虫歯 歯の神経(歯髄)にまで達した虫歯になると、強い痛みがともないます。
【治療法】
虫歯の部分を大きく削って被せ物をします。かなり進行している場合は、虫歯に冒された神経を取り除く「根管治療」を行います。
C4 歯根まで達した虫歯
C4 歯根まで達した虫歯 歯の大部分が溶けてしまった重度の虫歯で、激しい痛みがあります。神経が壊死すると一時的に痛みがなくなりますが、放置すると膿が溜まって我慢できないほどの痛みに襲われます。
【治療法】
可能であれば根管治療を行って被せ物をしますが、歯を残すことが難しいケースもあります。抜歯をした場合は、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」などの治療を行います。

知覚過敏――虫歯じゃないのに、歯がしみたり痛んだりしたら――

「検診では虫歯がなかったのに歯が痛い」「冷たいものが歯にしみる」
このような症状がある方は、知覚過敏(ちかくかびん)になっているかもしれません。

何らかの原因で歯のエナメル質が薄くなってしまったり、歯周病によって歯ぐきが退縮してしまったりすると、刺激が歯の神経に伝わりやすくなります。以下の項目に心当たりがあるという方は、お早めにご相談ください。

要チェック!――知覚過敏の方に見られる特徴――
  •  冷たいもの、熱いものを食べると歯がしみる
  •  歯みがきすると痛くなる
  •  歯と歯の隙間が広がってきた
  •  歯を食いしばる癖がある
  •  睡眠中に歯ぎしりをしていると言われる
  •  歯ブラシがすぐに開いてしまう
知覚過敏の治療法

知覚過敏の症状には個人差があり、その原因も異なります。当院では、患者様の症状に合わせて次のような治療、ケアをおすすめしています。

薬剤、コーティング材による治療 エナメル質が薄くなり象牙質が露出した部分を、フッ化物を含む薬剤や歯科用セメントなどのコーティング材などで覆って外的刺激から歯を守ります。定期的に治療する必要がありますが、効果が持続している間に歯の石灰化が促されて完治することも期待できます。
マウスピースを用いた治療 歯のエナメル質が薄くなる原因の一つとして「歯ぎしり」が考えられます。歯ぎしりは、専用のマウスピースを装着して治す方法が有効。歯並びが悪く咬み合わせに問題がある場合は、咬合調整などの治療を行います。
歯周病治療の並行 歯周病によって歯ぐきが退縮している場合にも、知覚過敏の症状が現れることがあります。その場合は、知覚過敏と歯周病の治療を同時に行います。
知覚過敏用歯みがき剤でのケア 象牙質をカバーして刺激が伝わらないようにする成分が入った歯みがき剤でケアをします。数週間使用しても効果が見られない場合は虫歯や歯周病の可能性があるため、あらためて検査・治療を受けるようにしましょう。

東京都狛江市|診療予約|狛江歯科医院